京都府の休業要請18日午前0時から

4月17日 引き続き「支援給付金制度」の続報が出ましたら情報を共有します。

休業要請の対象施設はキャバレーやカラオケボックス、個室ビデオ、ライブハウスなどの遊興施設、映画館。さらに、床面積が計千平方メートルを超える大学や学習塾、博物館、ホテル、生活必需物資の小売業以外の店舗なども含む。

 飲食店などは休業を要請しないが、営業時間は午前5時から午後8時まで、酒類提供は午後7時までとする。

 休業要請に協力した事業者への支援として中小企業は20万円、個人事業主は10万円とする支援給付金制度を設ける。

産経新聞より

関連記事

  1. “コロナショックに打ち克つ!! よろず経営相談室”開設

  2. 中小企業雇用継続緊急支援センター(5月11日設置)

  3. 京都府と京都市へ中小企業支援の要望・提言提出

  4. 「食の京都」推進事業補助金

  5. 「みんなが元気でいられる企業をめざして」久賀 きよ江氏

  6. 【経産省からのお知らせ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。